ホーム > 活動報告 > 2007年

2007年

泉丘18期おはこ会が和倉温泉で還暦祝会 ・平成19年9月16日(日)〜17日(月)

 泉丘18期「おはこ会」同窓会還暦祝会が9月16日、和倉温泉「あえの風」で開かれ、89名が集った。加えて来賓として恩師の楠禎一郎、大田章夫、普神貴行、安高徹、山崎裕の5先生が出席された。
 記念撮影の後、金沢市大場町会の「潟乃太鼓・若鮒会」の演奏で幕が開いた。小中高校生6人の女子とは思えない力強さで打ち鳴らす太鼓に皆、我が孫を見るかのように目を細めていた。その後、47人(この3年間で11人)の物故者に黙祷を捧げ、引き続き丘村誠代表幹事の挨拶の後、楠先生からお祝いの言葉を頂いた。楠先生の乾杯の音頭で開宴となり、鈴森庸雄泉丘校長(泉丘18期)の母校の近況報告、笠間啓君の仕舞、北山吉明君のオペラアリア独唱、石田憲二君の歌と続く中、古き良き時代の話で大いに盛り上がった。
 最後に、校歌・応援歌を斉唱したが、声が出ないことに我々の年齢を感じた。還暦という年齢、人生の節目を迎え、これからも健康に留意し、新しき未来に向かって邁進しようと誓い合い、2次会へと雪崩れ込んだ。3年後の同窓会まで一人でも欠けて欲しくない気持ちで一杯であった。翌朝は皆、溌剌とした顔になっており、数年は若返ったように見え、3年後の再会を期して帰途に着いた。
(丘村 誠・記)

一泉光が丘9・9が発足 ・平成19年9月9日(日)

 金沢南郊外に位置する《光が丘1丁目〜3丁目》在住の同窓生が年々増える中、ごく身近な『集い』をと、先の9月9日に割烹 天きち で開かれた。
 一中50期から泉丘14期までの16名が参加。懇親を深める中で、今後毎年9月9日を原則開催日とし、型に捉われない自由闊達で応変の楽しい会合を目指していくことで、申し合わせ、次回を約して散会。
(泉丘13期 岡田喜昭 記)

泉丘9期が卒業50周年の集い ・平成19年9月5日(水)

 泉丘9期の卒業50周年記念同窓会が9月5日(水)夕、金沢ニューグランドホテル金扇の間で開かれた。クラス幹事の熱心な呼びかけと50年の歳月の重みに意義を感じてか、県外から約50人が参加するなど総勢162人を数え、会場あふれんばかりの盛会となった。記念写真も全体撮影をやめてクラス単位で撮るなど、にぎやかな開会となった。
 上丸満君が司会を務め、まず60人の物故者に黙祷を捧げた。西川義正実行委員長のあいさつに続いて野口嘉與君が制作した『われら青春 思い出のアルバム』のスライドショーが上映された。画面に高校3年生当時の姿が次々と映し出されると歓声が上がり、甦る青春の1コマ1コマに見入った。
 祝宴に入り鏡割り、車信弘君の乾杯の音頭と続き杉原弘泰、大崎剛彦、佐古田正の3君が代表して近況報告を行った。高校卒業以来初めて顔を見せた人もあり、終宴近くになってようやく互いを確認できるなど盛り上がりも十分。東京組の天日雄三郎君のハワイアン演奏と杉森醇子さんの華麗なフラダンスは、会場のムードを華やかにした。蔵田武男君の中締め、中島雄平君の閉会の辞で幕を閉じたが、二次会、三次会組みも少なくなかったようだ。
(西島幸夫・記)

泉丘20期が湯涌で同窓会 ・平成19年8月18日(土)〜19日(日)

 泉丘20期の同窓会が8月18日(土)、湯涌温泉「かなや」一泊で行われた。1年遅れの高校卒業40周年記念を兼ね3年ぶりの同窓会で、関東、関西組や遠く北海道からの参加者もあり、総勢70人が夜の更けるのも忘れて楽しく過ごした。
 西川孝蔵代表幹事に続いて恩師の楠禎一郎、安高徹両先生があいさつ、井上豊夫君の乾杯の音頭で酒宴が始まった。歌あり笑いありで旧交を温めた後は、「かなや」の茶室でお茶会が催された。岡嶋恵美子さんが茶道具やお菓子を持参してお手前を披露したもので、両先生をはじめほとんどが爽やかな気分を味わった。
 翌日は井上君提供の『一泉同窓会第20期会』のネーム入りタオルと湯涌温泉の思い出を土産に、3年後また湯涌での再会を約束して帰路に着いた。
(西川孝蔵・記)

一泉行列に約50人参加 ・平成19年8月30日(木)

 恒例の「一泉行列」が8月30日(木)に行われ、一泉同窓生や後輩ら約350人が金沢市内の目抜き通りを練り歩き、『一中・泉丘ここにあり』を県民、市民にアピールした。
 旧一中校舎のあった本多町の金沢市観光会館前から広坂―片町―広小路―有松を通って母校の泉丘高校までの約4.5`を、1時間半かけて歩く行列は、今年59回を迎えた泉丘高校創立記念祭の前日祭に位置づけられた。
 当日は直前まで小雨のちらつくあいにくの天候だったが、集まったOB・OGは約50人。渋谷亮治元会長(一中54期)も見送りに駆けつけた。午前10時15分、先頭の応援団・チアガールと後ろのブラスバンドに励まされて出発した。同窓会事務局が準備した一中、泉丘の応援団旗や10月15日の一泉同窓会総会・懇親会のPRプラカードを掲げ、水泳部OBの「泉泳会」は大きな幟旗を3本も持って参加した。
 母校グラウンドでの到着式ではジュースで乾杯、蚊谷八郎同窓会会長は「皆さんのお陰で今年も完歩でき、一中・泉丘の心意気を十分に示せた。ありがとう」と後輩たちにお礼を述べた。
Pages: 前頁 1 2 3 4 5 次頁 >>