ホーム > 活動報告 > 2008年

2008年

一泉野球部OB会長に野々市さん・平成20年8月30日(土)

 一泉野球部OB会の平成20年度総会・懇親会が8月30日(土)、金沢エクセルホテル東急で約40人が出席して開かれ、新会長に野々市孝さん(泉丘10期)を決めた。
 総会では昨年行った創部100周年記念事業と決算を承認、昨年8月に亡くなった山本道生前会長の後任について、宮地治副会長(同23期)が7月初旬の幹事会で野々市石川県野球協会副会長兼理事長が候補に上がったことを報告、野々市さんを新会長に選出した。… (続きを読む)

にぎやかに一泉行列・平成20年8月29日(金)

 泉丘高校の創立60周年記念祭の幕開けを告げる恒例の「一泉行列」が8月29日(金)、一泉同窓会会員ら約60人を含む380人が参加してにぎやかに行われた=写真=。
 午前10時過ぎ、一中の本多町校舎跡地・金沢歌劇座前で出発式が行われ、山下一夫校長(泉丘19期)が「一中の伝統を泉丘に引き継いで整然と歩こう」とあいさつ、「頑張ろう」を三唱した。行列は応援団・チヤガールを先頭に同窓会、ブラスバンド、3年生や部活動有志と続き、広坂―香林坊―片町―野町広小路―市営グラウンドから母校へのコース4.5キロを1時間半かけて歩き、「一中・泉丘ここにあり」を県民、市民にアピールした。… (続きを読む)

泉丘10期が卒業50周年同窓会・平成20年8月25日(月)

 泉丘10期・泉寿会の高校卒業50周年記念同窓会は8月25日(月)、山代温泉の「ゆのくに天祥」で開かれた。朝から白山カントリーでのゴルフ大会、午後からの母校見学会、旅館での記念講演会と多彩な催しが続き、思い出深い一日となった。
 村田紀代司君の司会で始まった総会では、66人の亡き級友に黙祷を捧げ、中山修会長が関東、関西などの遠来勢に対する歓迎と100人を超える大同窓会となったことに対するお礼を述べた。続く記念講演会は同期の谷口肇石川県立大学食品科学科教授が講師を務め、「糖を巡る話題」と題して砂糖の歴史からブドウ糖と糖尿病の関係、異性化糖の開発について話し、みんな高校時代の授業のように神妙に聞き入った。… (続きを読む)

泉丘42期が初の同窓会・平成20年8月16日(土)

 泉丘42期の初めての同窓会が8月16日(土)、金沢スカイホテルで開かれた。関東、関西から旧盆帰省を利用しての参加者が多く、恩師の6先生を加え総勢134人の盛大な同窓会となった。
 まず、全員で記念写真を撮った後=写真=、世話人代表の梅谷基樹があいさつ、恩師の梅田和彦、室木直彦、加藤茂芳、紺矢亮一、押田邦夫、中村章子先生を代表して室木先生が祝辞を述べた。続いてオーストラリアから駆けつけたトリシア・ルーベンスタインさんが乾杯の音頭を取り、酒宴が始まった。トリシアさんは18年前に一緒に学んだ留学生で、男子生徒の憧れの的。日本語と英語を交えたあいさつと「カンパイ」の発声で、会場は一挙に盛り上がった。
 久振りに顔を合わす仲間や恩師を囲んでの歓談で、予定の時間もすぐに終わった感じ。全員で校歌を歌い、粟森世里奈さんの中締めで4年後の再会を約束して閉会した。

(梅谷基樹・記)

泉丘19期が還暦同窓会・平成20年8月14日(木)

 泉丘19期の同窓会が8月14日(木)に、金沢市笠舞2丁目の加賀料理「八百辰」で開かれた=写真=。同期の同窓会は8月14日が恒例だが、今年は級友の山下一夫君の母校校長就任祝いと還暦パーティーを兼ねての開催で、恩師の安高徹、楠禎一郎先生を交え50人が出席して楽しいひと時を過ごした。
 初めに安宅雅夫会長が例年より多い参加者に対して感謝の言葉を述べ、続いて山下校長が「一年間と短い期間だが、母校発展のために精一杯努力したい」とあいさつして乾杯の音頭を取り、酒宴に入った。ちょうどリタイヤの年齢で首都圏からのUターン組10人も初参加、「来年からもっと出席者をふやしていこう」といつもにも増しての盛り上がりとなった。最後に校歌を歌って散会となったが、ほとんどが二次会へ流れてさらに盛り上がったようだった。
 また、会合前には母校見学会が行われ、25人が山下校長の案内で校内を回ったが、旧校舎の位置など懐かしんだ。

(安宅雅夫・記)

Pages: 前頁 1 2 3 4 5 次頁 >>