母校だより

泉丘男子ハンド、36年ぶりに石川県bPに

 母校・泉丘校の男子ハンドボール部がインターハイの石川県大会で36年ぶりに優勝=写真=、女子も3位でそろって2年連続北信越大会に出場する。
 平成21年度高校総体ハンドボール石川県大会は6月4日から7日まで、県総合スポーツセンターで行われた。4月の春季大会で優勝した泉丘の男子は、1回戦で金市工を36−24で破り、2回戦は県工に28−26で辛勝、準決勝は小松工に27−19で圧勝、7日の決勝は春と同じ寺井が相手となり前半13−8、後半13−11の26−19で見事優勝した。
 一方、女子は準決勝で小松商に18−30で敗れたが、北信越代表決定戦では錦丘を19−17で破り代表の座を得た。
 北信越大会は6月21、22日に同じ会場で行われる。

弓道女子個人で村田千穂さん(泉丘3年)が優勝

 石川県立武道館で行われた弓道のインターハイ予選で泉丘高校3年6組の村田千穂さん=写真=が優勝した。
 5月31日に同武道館で行われた予選には約270人が出場、8射5中以上の31人が6月6日の準決勝に進んだ。ここでは12射8中以上の7人が翌7日の決勝に臨んだ。決勝は7人並んでの射詰めで、的をはずした人から脱落し、村田さんは最後まで残って優勝の栄冠を得た。

平成21年 進学入試 結果報告

平成21年度進学者の入試結果をこちら(PDF形式)で閲覧できます。

'09春・桜花爛漫

母校の桜が満開となりました。写真はこちらからご覧いただけます。

Pages: << 前頁 6