ホーム > 活動報告 > 2010年

一泉同窓会総会・懇親会に700人余   ・平成22年10月15日(金)

 創立117周年記念・平成22年度の一泉同窓会総会と懇親会が創立記念日の10月15日、金沢駅前のホテル日航金沢で開かれ、90代の一中44期から20代の泉丘57期までの約740人が出席、母校発展へ力を合わせていくことを誓った。役員改選では3期6年間努めた蚊谷八郎会長(泉丘14期)らに代わって、清水義博会長(同22期)ら13人の新役員が満場一致で承認された。
 総会では蚊谷会長が平成25年に迎える創立120周年記念事業の一環として、部活動遠征用バス1台を前倒し寄贈することを報告すると共に700人を超える出席者を集めた幹事の泉丘29期を称えた。続いて浅田秀雄校長が母校の近況を報告、2年生360人が去る5日から4日間、修学旅行で初めて台湾を訪れ一中11期の大先輩・八田與一技師が築いた烏山頭ダムなどを見学、熱烈歓迎を受けたことを伝えた。また、中山一郎事務局長(同10期)が120周年記念事業で校内に生徒連絡用電子モニター設置や吹奏楽部の不足楽器整備することを発表、バスの寄贈セレモニーでは蚊谷会長から浅田校長にゴールデンキーが手渡され、大きな拍手を受けた。
 懇親会は29期の鍋谷有介さんと河合那保子さんが司会、清水新会長の乾杯の音頭で始まった。同期生同士、先輩と後輩のにぎやかな歓談の合間にフラダンスや平尾隆さん(同25期)のジャズピアノ演奏があり、いつものように応援歌、一中・泉丘の両校歌合唱で盛り上がりも最高潮に達した=写真=。29期の川北哲実行委員長のお礼のあいさつ、来年の小原繁30期実行委員長の決意表明があり、最後に林隆信新副会長の万歳三唱で名残を惜しんでの散会となった。
 新役員は次の皆さん。(○印は留任、全員泉丘)
 ◇会長 清水義弘(22期)◇副会長 林 隆信(22期)、○泉屋利郎(14期)、新村康二(18期)、岡 能久(20)、温井 伸(26期)、玉川昌範(31期)、○中村太郎(35期)、北川雅一朗(39期)、笠松寿美子(通信41期)◇監事 ○笠置研一(11期)、高木清一郎(13期)◇事務局長 ○中山一郎(10期)