ホーム > 活動報告 > 2016年

泉丘16期が3年ぶりに同窓会開く      ・平成28年11月23日

 泉丘16期生同窓会が11月23日、同級生の庄田正一君が社長を務める金沢ニューグランドホテルで恩師の楠禎一郎、普神貴行の両先生を含め68名が出席して開かれた=写真=。3年ぶりの開催で前回同様、私・山本が制作した懐かしの泉丘高校の校門がステージに設置され、右サイドには466名の仲間のうち、残念ながら他界した49名の顔写真パネルが飾られた。
 司会・進行役も私・山本が担当、まず物故級友と亡き師に黙祷を捧げて冥福を祈った。次いで広瀬靖久代表幹事が歓迎のあいさつと会の現状を報告、90歳になられた8ホーム担任の楠先生と1、2年生時に担任された普神貴行先生にあいさつをいただき、八田伸一君の発声で乾杯して酒宴となった。
 話が弾む中でこの3年間に亡くなった7名の思い出話も出て、遺影(高校時代のアルバム写真)を感慨深く眺める光景もあった。クラスごとに登壇して近況報告した後は応援団のリードで応援歌、校歌を斉唱、私の掛け声で1本締めを行い一次会を終えた。
 ホテル最上階のラウンジでの二次会で、奥さんを亡くして間もないのに出席してくれた4ホームの長柄孟君が「毎年同窓会を開いてほしい。自分は健康な限り出席する」と提案、来年も11月12日にこのホテルでの同窓会開催が決まった。
(山本武生・記)