ホーム > 活動報告 > 2017年

陸上競技部OB会総会・懇親会に34人参加      ・平成29年11月18日

 平成29年度の泉丘高校陸上競技部OB会総会・懇親会が11月18日、ANAホリデイイン金沢で開かれた。OB33人と母校陸上競技部から中島正宏顧問を迎え、総勢34人が参加した=写真=。
 小泉学幹事長(38期)、土用下和之会長(同)のあいさつの後、事務局より会計報告、中島顧問から母校陸上部の活動状況が報告された。その中で3年生の笹木仁一郎君がインターハイ100bで土用下会長以来30年ぶりに県チャンピオンになったことが紹介され、会場は拍手に包まれた。さらに今後の健闘とOB会の支援を誓い合った。また、次期役員については現役員がほぼ継続する形で平成30・31年度の新役員が承認された。現役部員への支援の在り方についても協議したが継続審議となり、今後とも役員と母校顧問との意思疎通を図っていくことになった。このほか会発展のため若いOBの連絡先を調査、会への参加を呼びかけていくことになった。
 山下一夫尾山台高校校長(19期)の乾杯発声で懇親会が始まり、旧交を温め、盃を酌み交わした。恒例のリレースピーチでは参加者ひとり一人が近況を報告、最後に最年長の4期の上田廣次さんが「長生きの秘訣」について熱弁をふるい、全員からの喝采を浴びた。
(岡島清=30期・記)