ホーム > 活動報告 > 2018年

三馬一泉同志会

三馬一泉同志会が30年連続で総会・懇親会
平成30年7月2日

三馬一泉同志会の30回目の総会・懇親会が7月2日、金沢市野町4丁目の料理割烹「むとう」で開かれた。今年の出席者は10人と少なかったが、久しぶりに東京在住の一中50期・堀吉彦さんが顔を見せられ、学校だけでなく昔の三馬地区の話題にも花が咲いた=写真=。

私・北島が司会、総会で再任された田中一郎会長(泉丘8期)が「地域の小さな同窓会だが、30年も続いていることを誇りに思う。まだまだ続くよう頑張りたい」とあいさつ、堀さんの乾杯発声で懇親の宴となった。笑いの絶えなかった自分たちの高校時代の思い出話から、後輩たちの活躍ぶり話が移ると、「すごいぞ」「一中時代に負けないぞ」との声が聞かれ、母校支援の心の高まりと共にお酒が一段と美味しくなり、進んだようだった。

(北島敏男=泉丘8期・記)