ホーム > 活動報告 > 2018年

関東泉丘16期、氷室饅頭味わいながら同期会

平成30年7月1日

関東泉丘16期の同期会が梅雨明けの7月1日、東京・有楽町の「さがみ」で開かれた。金沢からの広瀬靖久代表幹事と八田伸一幹事の2名を加え19名が出席した=写真=。

この日は「氷室開き」の日。金沢からのお土産と東京で用意した「氷室饅頭」がぶつかってビックリ。会は藤村治憲代表世話人のあいさつに続き、宮島宣昭君の饅頭を掲げての乾杯で始まった。金沢の広瀬、八田両幹事からもあいさつをいただいた。その後、出席者の近況報告が続き、写真担当の鏑木紘一郎君が中締めのあいさつをして閉会となった。

二次会も盛会で、三次会に行く人もあった。人数は少なかったが金沢からのご両人のホットなあいさつもあり、例年よりふるさと・金沢色の強い会となった。

「三色の 氷室まんじゅう 同期会」 宮島 千生

(石垣英治・記)