ホーム > 活動報告 > 2019年

泉丘17期「平成最後」の同窓会に101名が出席、大賑わい

平成31年4月24日

泉丘17期が『平成時代最後』と銘打った同窓会が4月24日、金沢駅前のANAクラウンプラザホテルで開かれた。古希の会以来4年ぶりの集まりで、北は仙台市から南は山口県柳井市までの県外勢34名を含め「101匹のワンちゃん」ならぬ101名の戌年・亥年の年男・年女が参加、にぎやかで思い出深い同窓会となった=写真左は31・32ホームの写真中は33〜36ホームの写真右は37〜312ホームの出席者=。

写真左 写真中 写真右

会は小杉誠一君と丸川(喜多)靖子さんの名コンビ司会で進められ、物故級友への黙祷に続いて代表幹事があいさつ、大森和子さんの乾杯発声で酒宴に入った。次いで関東17会の蚊戸憲行君、関西17会の串岡慶子さんからそれぞれの近況や予定について報告があり、恒例のビンゴゲームではホテル提供の特別賞をはじめ21名が賞品をゲット、会場は一段と盛り上がった。

全員による校歌の大合唱の後、松田豊君の中締めで一次会を終え、ほとんどが同ホテル内の二次会会場「カスケード」へ移動して、さらに旧交を温めた。午後10時半ごろ「また会えると嬉しいね」と再会を約しての解散となった。

同日昼にはゴルフ愛好者による17G会の30回目の大会も行われた。

(嶋谷潤一郎・記)