ホーム > 活動報告 > 2019年

恒例の関東泉丘17期同期会、今年は35名参加

令和元年6月13日

毎年恒例の関東泉丘17期同期会は6月13日、昭和の香り漂う東京・日本橋の名店「たいめいけん」で開催された。金沢からの17期代表の嶋谷潤一郎君、村俊之君を加え35名が参加した=写真=。

会は2月に逝去された中村雅美君に黙祷を捧げ、次いで嶋谷君から4月24日に金沢で行われた17期同窓会の報告があり、その後、懇談の場となった。その中で近況の報有り、甲子園出場時の野球部の舞台裏話有りで大いに盛り上がった。また、ビンゴゲームなどで笑いの溢れる会となった。最後に互いの友情と後輩への熱きエールを込めて校歌を斉唱した。

振り返ればこの会は、20年前に関東一泉同窓会の幹事役を17期が担当した折に自然発生的に発足し、持ち回り幹事の努力で今日に至っている。昭和、平成、令和と生きてきた私達だが、岩のごと建つ校舎に学んだことに誇りを持ち、自立の精神を持って人生を歩んでいきたいと思わせる、同期会であったと感じている。今後も校歌を声高らかに歌い、友情を確かめ合いたいものである。

(蚊戸憲行・記)