ホーム > 活動報告 > 2019年

今年も関東泉丘7期の春の集いを継続開催

令和元年6月8日

関東泉丘7期の令和元年度春の同期会が6月8日、東京・日本橋の「うすけぼー」で10数人が出席して開かれた=写真=。

わが同期会の歴史を振り返れば、昭和40年代初めの大阪万博前夜に、大阪・御堂筋界隈に勤務していた同期の仲間が、持ち回りで昼食会を開いたのが始まり。同43年、期せずして主要メンバー3人が東京・丸の内に転勤になったのを機に丸の内や大手町に集まった。その様子が口コミで関東近辺の同期生に伝わり、次第に規模が大きくなり関東7期同期会になった。以後、年に数回の食事会から会社の寮を利用した一泊同期会、ゴルフ大会もあり、女性や金沢からの参加者も増えている。通算の集まりは半世紀以上で100回を超えている。

先の集いは男子ばかりだったが、いつものように近況報告や思い出話に花を咲かせた。後半の集いは12月14日(土)を予定している。

(松本良雄・記)