第6回幹事会

31期 幹事会 議事録

日時: 平成22年4月11日(日) 15:15 – 17:15
場所: 牛込箪笥地域センター
出席者: 賀谷、坂本、河越、番田、上野、市島、富田、桐生、河村、向、村上、武田、紫藤、桶田、薬袋(記)
資料:  
 31期への引継事項(会場関係)
 会場費および宴会費内訳
 会費の事前振込みの是非

議事: CD確認進捗の報告
 5月15日拡大幹事会について
 次回に向けた宿題の確認
 その他

■ 各係 進捗報告

1. 会場 (河越)
会場費明細の説明
 追加分のクローク札の金額がおかしいので要確認
 郷土料理関連を追加
 円卓は来賓用
 かぶら寿司のかばた商会は、同級生の家? 要確認。
 郷土料理の情報は、渉外担当と共有して進める
 ホワイト餃子は、西巣鴨から、当日、焼いたものを買ってくる必要有り。
 ゴーゴーカレーは、泉レストランに渡して、温めてもらう。

2. 企画構成
バーコードの件
 受付業務の簡便化のために検討する。
 往復はがきに印刷する(振込み済み等は別途検討)
 バーコードリーダーは、桐生さんの会社のものを借りる? 今後のことを考え、要検討。
 金沢の事務局にDMへの印刷可否の相談が必要
 事前振込みとの連動(別途)
 受付の配置も要検討
 ハガキを持ってこない人が多いのでは?
 来年以降への引継を考えた運用にすべき
 減価償却できないか

動員、名簿管理、受付
名簿の管理は1本化せざるを得ないが、手順を明確化すべき。
 HPでの出席をうけつけるか。
 ハガキの送付無しもOKとし、動員優先とした。
 ルートが複数になると、とりまとめは大変。
 手順、分担、集約するタイミング等、理想形を検討し、タスクを整理する必要あり。

3. 会計
事前振込みのメリットデメリットの整理について資料の説明
これなかった人から取ることは無理。
事前振込みが馴染むのは、高額の場合、主催者側が強い場合等なので、今回は厳しいのでは。
シンプルにしたい。
メリットが薄いので、辞める方向。
資料をベースに、総会で検討結果報告を実施予定とする。

4. 動員、渉外
会場担当と協力して、郷土料理の提供を依頼する。
企業への寄付依頼はGWごろから実施予定。
 30期からの引継として、期待薄。
6,7,8月に、40代の後輩を誘ってみよう。
5月15日の同期会では、下の代を探してもらうよう依頼する。
協賛は物をお願いしてみる。
掲示板に乗せる。

前回、当日くばられた「一泉」「泉丘 学校紹介」「再会(プログラム)」がほしい。

5. 5月15日の31期全体会について

31期の同期の動員のため、5月に同期の全体会を実施する。
日時:5月15日(土)18:00〜
    (幹事会は、16:00〜)
場所:新橋KIKI (幹事会も)
30名動員目標
幹事は事務局が担当。

物の準備:プロジェクター 河越さん
       スクリーン 坂本さん
見せるもの:河越さん作成の会場のCG
        スケジュール
        役割
        昨年の報告(動画を使用?)

「みんなで、もう一度、文化祭をやろうよ!!」

キャッチフレーズは、
「よぉ! 久しぶり!」

6. 次回 幹事会
5月15日(土) 16:00〜 新橋KIKI